2013年11月30日

【手巻き煙草費用対効果】2013年11月分

手巻き煙草費用対効果
2013年11月分



11月も今日で終わり。
いつものタバコ代の収支を計算してみます。


PL88の缶が響いたのか、買った種類の少なさの割りには
金額は1万円を超えてしまいました。

11月12日 11655円 シャグ、フィルター、ペーパー購入

となりました。

11月分のタバコ代をかつて吸っていた
マイルドセブン(現メビウス)30本/日で換算すると1日当たり615円。

日数は30日なので、18450円。
差し引きでは6795円の節約となり
合計では226280円の節約となりました。



今月は何ともテンションの上がらない1ヶ月でしたね…
お気に入りのタバコが吸えないというのがこんなにつまらないとは(苦笑)

来月購入時にはマニトウが復活してて欲しいです。

というわけで、今月はPL88を開封して、
それを惰性で吸っているものの実は、まだそれだけ。
他のパウチはまっさらのまま、未開封です。

せめてアメスピオーガニックくらい
買っておけばよかったと後悔しています…

ただニコチン補給だけにシャグを巻いてる感じで
なんとも意欲のない1ヶ月でした。

来月こそ、マニトウオーガニックの復活を願います(笑)
posted by 手巻きタバコ,シャグ at 21:24| 手巻き煙草費用対効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

11月分のシャグ

11月分のシャグ

NCM_1240.jpg

マニトウが全然買えなくて寂しいところですが…
今月分のシャグを購入しました。


今月は買いたいシャグが買えない…
という理由で初挑戦シャグが多いです(苦笑)

久しぶりにドミンゴバージニアをリピートした以外は
全て初挑戦シャグとなっています。


NCM_1241.jpg

まずはガンドゥンアロマストレート。
オリジナルと違いが気になるところです。
インドネシアタバコといわれてもピンと来ないので
味は楽しみにしています。


NCM_1242.jpg

そしてフランドリアベルジック。

フランドリアにはフランドリアブラックという
シャグを代表するような黒タバコがあるのに、
また黒タバコを出して非常に気にはなっていたのですが
この機会に購入してみました。


NCM_1243.jpg

チョイスからはダークチョコレートを。
オリジナルのチョコ風味がなかなかよかったのでこれも期待しています。


NCM_1244.jpg

そして今回も缶入りシャグに挑戦。
銘柄はPL88です。
200g入り…見るからにでかい感じですが、
実物もやっぱりでかかったです(笑)


NCM_1245.jpg

最後は巻紙。こちらも初挑戦のマスコット。
オーガニックヘンプペーパーを見かけたので買ってみました。


以上です。

マニトウオーガニックが早く吸いたい…(笑)
いつになるんでしょうねぇ…次の入荷は…
posted by 手巻きタバコ,シャグ at 08:51| タバコ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

タバカレラシャグ(TABACALERA SHAG)を吸ってみた感想・レビュー

タバカレラシャグ(TABACALERA SHAG)
を吸ってみた感想・レビュー


NCM_1170.jpg


10月に購入したシャグの中で一番期待していた
タバカレラシャグのレビューです。
もう11月になってしまいましたが…


実は、このタバカレラシャグを開封したのは11月に入ってから。
先月は缶マニトウが気に入ってずーっと吸っていました(笑)

どうやらカビ発生のようでマニトウは当分すえそうにないのが残念ですが
缶マニトウがあまりに美味しくて大切に吸っていました。

もしかしたら味もパウチと違うんでしょうか。
それとも金を吸ってしばらく経つから美味しく感じるのか…

そのあたりは実はよく分かりませんが
とにかくマニトウにはまってしまい正直なところ
タバカレラの存在を完全に忘れていたという状態でした(笑)

それでは、レビューを書いていきます。


NCM_1223.jpg

パウチのシャグはたいてい、透明のテープで封をされていますが
タバカレラはえらく厳粛な感じです…。

赤いテープで「FOR SALES IN JAPAN」と書かれて
その隣には切手とか印紙みたいなものが糊付けされています。

本格タバコらしくていいですね。
テンションも上がります(笑)


NCM_1224.jpg

こちらがおまけペーパー。ジグザグのレッドです。

おまけでジグザグとはちょっと豪華な感じもしますが
結局はふつうの紙なのでその点では残念。

もともとがシガーだったくらいですから
ヘンプペーパーとかにしてくれれば良かったな〜と思います。


NCM_1225.jpg

こちらが開封時のシャグです。

まるで土みたいな深いダークブラウンで湿度は完全にゼロ。
つまむとパラパラしていて湿気は全くなかったです。
なので多少は加湿してあげたほうがいいと思います。

また、シャグってタバコの茎がよく混ざっていますよね。
吸い味をマイルドにするとかいう名目で。

タバカレラシャグは、全くそれがないです。
完全にタバコの葉の部分だけでした。
こだわりが感じられていいですね。


吸ってみると、思ったよりもずっと軽い感じ。

本格派を想像していたので黒タバコとかスタッドとか
ああいった強烈なニコチンの刺激があるのかと思ったら
拍子抜けするくらいに軽いタバコでした。

味自体はそれこそスタッドとかのようにコクのあるタバコなんですが
普通に肺喫煙できてしまうくらい吸いやすい感じでした。

意外でしたね…意表をつかれました(笑)

私の個人的な感想では、気兼ねなくすえる本格タバコとして
なかなかいいのではないかと思います。

ただ、この手の味が好きな方って強いタバコがすきなんじゃないかな…
なので、物足りない方も多いと思います。

ずっしり重いタバコをゆっくり楽しむ方には物足りないかもしれません。
ただ手軽にこの味が楽しめるのはシャグの幅が広がっていいかなと思います。

初挑戦向けではないですが、本格タバコに挑戦する時の
入門用としてはピッタリじゃないかな〜と感じました。
posted by 手巻きタバコ,シャグ at 06:30| シャグレビュー(感想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

ハーベスト(HERVEST)総合レビュー

ハーベスト(HERVEST)総合レビュー

NCM_1171.jpg

ハーベストはドイツ製のフレーバー系のタバコで、
今のところ4種類がラインナップされています。


黄色のパウチがバニラ、えんじ色のパウチがチェリー、
黄緑色がアップルレモン、グリーンがミント、となっています。

価格はどれも40g入りで860円です。
いわばごく普通の価格帯です。


NCM_1210.jpg

各銘柄ともオマケペーパーがついていて、その名も「HERVEST」です。
紙自体はいたって普通のもので、気にしない方は使ってもいいでしょう。


NCM_1211.jpg

ハーベストは刻みが少し荒めです。

ローリングマシンを愛用しているので問題ありませんが
ハンドロールだとばらけてしまって少し巻きにくいかも知れません。

また、開封時でもほんの少し湿度があります。

フレーバー系タバコは当ブログでは加湿を推奨していますが
ハーベストに限っていえば微妙なところです。

そのままでも美味しいですし、湿度を当ててあげても美味しいです。
ぜひ両方試して、いいほうを選んでいただければと思います。


最後に銘柄別に簡単なレビューを。

バニラは非常に上品な甘い香り。
バニラアイスのようなクリーミーな味で、
ぜひ一度は吸ってみてほしい銘柄です。

チェリーは日本で想像するような
「さくらんぼ」の味よりも少し酸味が強い味です。
甘い香りも多少はありますが、
キュッと引き締まるような酸味もあります。

アップルレモンは当ブログでも「桃」と表現してしまいましたが
豊かな甘みと少しの酸味が絶妙な味付けでした。
チョイスアロマティックと味自体は似ている気がしました。

ミントはメンソール好きならぜひ試していただきたい爽やかな香り。
メンソールほどの爽快感はありませんが、タバコの風味とマッチしています。


⇒ バニラ
⇒ チェリー
⇒ アップルレモン
⇒ ミント


詳細は上記リンクからどうぞ。
posted by 手巻きタバコ,シャグ at 07:09| シャグ銘柄別レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログランキング参加中

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ

手巻き煙草をもっと広めたいので
クリック応援よろしくお願いします!


⇒ 人気ブログランキングへ

いきなりランキング上昇中!
これは全て、皆様のおかげです。
ご協力、本当にありがとうございます。


あなたの1クリックが、シャグの楽しさを広め
普及に繋がります。ぜひご協力ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。